しらやま皮ふ科 本文へジャンプ
皮膚科・形成外科
しらやま皮ふ科

大阪府吹田市千里山西
6丁目56−2
グレースコート千里山1階
ジャスコ南千里店の右隣です
電話06-6193-9501

お車で来院される方は
ジャスコ第4駐車場にどうぞ



しらやま皮ふ科 過去1ヶ月の診療状況



 火傷について

お湯などで火傷して受診される方が多いです。
火傷は受傷した当日が勝負で 火傷した直後なるべく早くに
炎症を抑える軟膏処置を受けていただきたいです。
たとえ休日の夜中であっても 皮膚科の専門の先生でなくても
何かしらの処置を受けてきて翌日でも受診していただくと
二度熱傷(すでに水ぶくれになっている)にならないで
一度熱傷(赤みだけ)ですむ可能性が増えます。
二度熱傷になってしまうと 水ぶくれの下は上皮がありませんので
感染を予防しつつ 失った上皮が再生されるまで
処置に通っていただくしかありません。
直後氷で冷やす方もいますが
氷で火傷になってしまうこともありますので
流水で5分か10分ぐらい冷やして
あいている病院で処置を受けてください(翌日では遅いです)。
「これはまずいな」と感じる火傷を負った方は
当日すぐに病院を受診ください。


令和2年4月28日の診療状況

コロナ自粛で家庭で過ごされるお子さんが多いと思いますが
このところ ご家庭で縫合が必要な怪我ややけどを負うお子さんが増えております。
外出できないストレスもあるかと思いますが
日々慎重に過ごしましょう
明日からGWに入りますが 当院は暦通り診察しております。
4月30日と5月7日の木曜日は元々休診日ですのでご注意ください


令和2年4月17日の診療状況

このところウオノメ(鶏眼)の治療でこられる方が多いです。
ウオノメは削る治療しかありませんが
何度も削る必要がある場合があります。
踏んで痛いときは削りますので 病院でご相談ください。
またウオノメだと受診されて
実はウィルス性のイボであることも多いです。
イボは液体窒素で冷凍して治療します。
鑑別が難しいことがありますので病院でご相談ください。

令和2年3月31日の診療状況

今日で3月も終了です。あっという間の三か月でした。
新型コロナウィルス禍で 混乱中の毎日です。
ただ 未曽有のウィルス禍の中にあって
皆さん慎重な生活をされていて
インフルも下火のままシーズンを終わろうとしていますし
それどころかうっかりなどからくる大やけどや
大けがが 本当に少ないです。
このままコロナウィルスも乗り切っていきましょうね

令和2年3月17日の診療状況

目の周りの痒みやトラブルで受診される方が多いです。
お化粧(アイライン等)にまけている方もありますが
目薬をさしてティッシュで拭き取る刺激にまけている方もいらっしゃいます。
花粉が来ていることも悪化要因の一つだと考えています。
点眼薬で痒みを抑えることも大切なこともあります。
紙のマスクで目の下があれる方も多いです。
治りにくい目の周りの湿疹は病院でご相談ください